ロトワン(ブログ)

 
詳細はコチラをクリック



ロト6ってやったことありますか?
1〜43の数字の中から異なる6つの数字を選ぶ宝クジです。結構有名ですよね。


自分で選んでみても、運否天賦に任せてみても、なかなか当たるものじゃありません。
そんな中、口コミで話題のロト6予想ソフトがあります。それが、ロトワンです。


一般的な予想ソフトは、的中率の低さを補うために購入口数を多くしているのですが、このソフトはなんと「一点予想による安定当選」を可能にしたソフトなんです。
なので、毎週200円、一月1000円にも満たないランニングコストでロト6に挑むことができます。


そして、このソフトの実績はというと、




詳細はコチラをクリック




ご覧頂いて分かるように2009年は2100万円を超える利益をあげ、2010年には既に脅威の3300万円という利益を上げているのです。すごいですね。


詳細はコチラをクリック


そのすごさの秘密には、「自動アルゴリズム最適化機能」にあります。

ロト6には、「セット球」というものがあります。

これは、ロト6の抽選に使われるカラーボールのことですが、
全部で10セットあり、そのカラーボールはほぼ毎回違うセットが使われています。

ロト6の抽選方式は非常にアナログなもので、
このカラーボールを「夢ロト君」という巨大なビンゴの様な機械でランダムに取り出すというものです。

しかし、そのアナログさ故、そこには一定のアルゴリズムが存在しています。


当然それは運営側も理解しており、
同じ「セット球」を使い続けるとその出目の出現パターンが偏ってしまい、
予想されやすくなるために、10セットを用意し切り替えながら抽選を行っているのです。


勘のいい方なら、もうお分かりかと思いますが、
つまりは、その「セット球」毎にアルゴリズムが存在するということです。


だからこそ、ロト6を単一のアルゴリズムとして捉えている予想ソフトでは、
安定した当選を掴むことはほぼ不可能です。


一方『ロトワン』では、



上記のように、全部で10種類もの分析手法を用い、多角的にその規則性を分析し、
アルゴリズムを把握、それに基づいた予想ロジックを搭載しています。


そして、それだけではなくリアルタイムで更新される毎抽選結果を基に各セット球の出現パターンを予測し、常にどのセット球のアルゴリズムを選択すれば良いかを自動調整する独自の機能を搭載しているのです。

だからこそ、たった1口の予想でここまでの当選実績を実現できるのです。


使い方は簡単です。

1.PCまたは携帯で専用ツールにログイン

2.的中予想目を確認

3.あとはロト6を買うだけ


これだけです。
いかがでしょうか? このツールでロト6に挑戦してみたくなりませんか?

詳細はコチラをクリック